なぜモテたいと思ったか〜恋愛を学んだきっかけ〜

女の子にモテたい!!

男なら誰でもそう思ってるとは思いますが、

僕はあることをきっかけに凄く強く思うようになり、

恋愛にかなりの時間と労力を費やしてきました。

はじめまして。藤田浩之と申します。

33歳のサラリーマンです。

恋愛経験はそこそこ。
これまでに付き合ってきた彼女は10人、経験人数は52人です。

恋愛に関して、普通の人に比べたら多くの経験を積んできたと思っています。

とはいえ、全くモテる人間ではなく、

学生時代は女子と仲良くなるのが苦手で、

灰色の青春を過ごしてきました。

そして、社会人になってから、

SNSやチャットアプリ、出合い系サイト、婚活パーティ、ナンパなど

多くの出会い方を実践し、女の子と遊んだり、彼女を作ってきました。

なぜそこまで恋愛を求めてきたか、

という話をしていきたいと思います。

僕は20代の終わり頃、ある彼女と同棲していました。

同棲も1年経ち、もうそろそろ結婚かななんて考えていた時…

ある日突然

「新しく彼氏が出来たから別れて」

と振られました。

全く予想していなかったので、かなり混乱したのですが、

僕としてはなんとか思いとどまってもらおうと説得!

しかし更なる衝撃が襲います。

「新しい彼と子供が出来ちゃったから」

この言葉には、さすがに僕も折れるしかありませんでした。

喧嘩にもなりましたが、
もはや何を言ってももう遅い。

確かにここ2,3ヶ月少し彼女に素っ気なかったなー、と反省したり、
最近喧嘩したことを後悔したりしましたが、

もうどうにもならない。。

彼女の引っ越しの日、
仕事から帰ったら、荷物で手狭だった2LDKの部屋が、

広々と、がら~んとしていました。

あの部屋の光景は、今でも忘れられません。

かなり落ち込んだし、泣きましたが、
仕事に打ち込むことで2ヶ月くらいで立ち直り。

そして、3ヶ月くらいして、ネットでの彼女探しを開始、
幸運にも新しい彼女が出来ました。

今度こそは大事にしようと思って、かなりマメにLINEや電話をしてました。

可愛くて家事もよくしてくれる理想の彼女だったので、
本当に大事にしたと思っています。

そして、彼女と付き合って5ヶ月経ったくらいに、
ようやく色々と踏ん切りが付いて、

前の彼女と同棲してた部屋から引っ越すことを決意しました。

今の部屋は広すぎたし、新しい彼女は実家暮らしだったので、
とりあえず一人用の新しい部屋に引っ越すことにしたんですよね。

引っ越しは新しい彼女も積極的に手伝ってくれて、
新しい家具や、彼女用の食器、タオルなんかも自分で買ってました。

新しい生活に心を踊らせていて、

後半年くらい付き合ったらプロポーズかな、
なんて思いました。

しかし、引っ越した次の日から、彼女からLINEが来なくなりました。

こっちから連絡しても、素っ気ない返事とすぐにやり取りは途切れる。

凄く嫌な予感がしました。
背筋がスーッと冷たくなる感じ。

ですが、問い詰めるのも男らしくないと思って、
なんとか一週間我慢して、何も聞かずに過ごしていました。

そんなある日の夜、会社で残業をしていたら、こんなLINEが…

「新しく彼が出来たので別れたいです。荷物は今受け取りました。
合鍵は郵便受けに入れています」

……また、また、新しい男に取られたのか!?

なんでこんな毎回、他の男に取られるのか!

俺はそんなに魅力がないのか!?

気が狂いそうになりました。

家に一人でいると、もう半狂乱です。

どうにかなりそうでした。

正直、以前よりも落ち込みました。

かなり好きだった彼女だったし、大事にしていた。

なのに、あっさり他の男に移られて、

LINEで振られたので会って話も出来ない。

引っ越しの手伝いをしてもらったのを最後に、

もうその子と会えずじまいでした。

俺はそんなに駄目なのか…。

何がそんなに駄目なのか…。

自問自答と自分を責める日々でした。

どれだけ彼女を作っても、大事にしようとしても、

あっさり男に乗り換えられるだけ。

もう恋愛なんてコリゴリだ。

そんな風に考えて、数ヶ月は新たな出会いを求めるのも億劫でした。

がしかし!

不死鳥の如く僕は蘇りました!!

辛い別れを経験した後、3ヶ月くらい落ち込みました。

そして、今でも思い出すと、

胸がにげぇ気持ちで一杯になる経験です。

が、しかし…

とにかく僕は立ち上がりました!

そして決意しました!!

もう二度と、他の男に女を奪われないように、

めっちゃモテる男になってやる!!!
(ドドン!!!)

というわけで、非常になが~い前置きになりましたが、

このサイトでは、僕がモテるために学んだこと、経験したことを、

書いていこうと思っています。

そして、同じように恋愛に悩む方の力になりたいと思っています。

学生時代に全く彼女が出来なかった。

社会人になって、大事な彼女を何度も他の男に取られてしまった。

そんな僕だからこそ、恋愛に悩む方の気持ちがよくわかります。

そして、悩む僕が這い上がってきた軌跡は、

きっとあなたの役に立つと思っています。

今一人で恋愛に悩んでいる…

という方は、ぜひ立ち止まって

このサイトの色々な記事を読んでみてください。

そして、個別のお悩みをお持ちの方は、

ぜひ↓のお問い合わせフォームから、

一度、連絡を下さい。

お問い合わせメールフォームはこちら

共に、恋愛強者となるべく、

大いなる一歩を踏み出していきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする